×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パソコンを使った資格を取り資格の時代を乗り切ろう、資格取得のための情報サイト

パソコン 資格

資格の時代を生き抜く
企業に求められるPC資格

  

資格の時代


パソコンに関する資格は、近年のネットワークの充実と共に増え、さらにその需要も増 え続けています。今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては必須の資格も 多いようです。

パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)があります。これは パソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。知識から技術まで広く問われてい るため、就職・転職、企業側のスキルチェックなどに活用されています。

その他には、国 家資格で比較的取得しやすい資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通称; 初級シスアド)が挙げられます。これは、ネットワーク利用者側において、情報技術に関する一定の知識・技術を持ち、業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ者を 指す資格です。パソコンだけではなく、その周りのネットワークまでもの知識と技術を必要とします。この資格には上級もあり、こちらはさらに、企業の業務、ビジネス戦略などを把握し、そのうえで業務システムと情報システムの支援を行うものとなります。
これらの資格はほんの一握りに過ぎません。そのほかにもパソコン・情報に関する資格は、CADやMIDI、MOSなどをはじめ、国家資格からベンダー認定まで50種類をはるかに超える数が存在しています。必要かどうかを見極め、適正な資格を選ぶ必要かもしれません。

パソコン関係の資格


ITコーディネータ資格認定制度
オラクル認定コンサルタント制度
マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー(MOT)
情報処理技術者試験(アプリケーションエンジニア)
CGエンジニア検定
C言語プログラミング能力認定試験
JavaTMプログラミング能力認定試験
LAMP Expert
NACSE(ナクシー)認定資格
SunJava認定資格
UMLモデリング技能認定試験
VBAエキスパート
VisualBasic(R)プログラミング能力認定試験
Webプログラミング能力認定試験
ディジタル技術検定
情報処理技術者試験/システム監査技術者
情報処理技術者試験/ソフトウェア開発技術者
情報処理技術者試験/基本情報技術者
情報処理技術者能力認定試験
Server+
Solarisセキュリティ管理者
Turbo−CE/Pro/Turbo−CI
オラクルマスター
シスコ技術者認定
ネットエキスパート
ネットワークアドミニストレーター能力認定試験
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
モバイル検定
情報処理技術者試験/テクニカルエンジニア
A+
Linux+
LPIC(Linux技術者認定試験)
Network+
RHCE(Red Hat認定エンジニア)
Accessビジネスデータベース技能認定試験
EC実践能力検定
Excel表計算処理技能認定試験
IC3(アイシースリー)
PowerPoint(R)プレゼンテーション技能認定試験
P検(パソコン検定試験)
StarSuiteTM技能認定試験
UBA能力検定
Windows(R)操作技能認定試験
Word文書処理技能認定試験
コンピュータサービス技能評価試験
シスアド技術者能力認定試験
パソコン技能検定U種試験
パソコン財務会計主任者試験
マイクロソフト オフィス スペシャリスト
ワードプロセッサ技能認定試験
日商PC検定試験
情報処理技術者試験(初級システムアドミニストレータ)
CIW(CERTIFIED INTERNET WEBMASTER)
i-Net+
Yahoo!インターネット検定
インターネット検定「.com Master(ドットコムマスター)」

      

資格試験、インターネット


インターネットの普及と共に、インターネット関係の資格も現れてきました。なによりも有名な資格に、CIW(CERTIFIED INTERNET WEBMASTER)というものがあります。

この資格の試験は世界70カ国で実施されており、つまりは世界に通用する資格ということです。だれでも受験でき、1998年に始まってから現在、約8万5千人がこの資格を取得しています。世界的資格とはいえ、この中でさらに区分されています。ですから、初心者から上級者まで、また、その職種によって選択するかたちとなります。受験費用が多少他の資格よりも高いですが、それでも今後さらに有用となってくる資格なのではないでしょうか。

またその他の資格として、i‐Net+といものがあります。こちらもインターネット・ エンジニアの実務標準資格といえます。これは1999年に日本から始まった資格ですが世界で行われており、現在世界で約2万2千人がこの資格をもっています。主に通信講座やスクールでの勉強となります。試験費用は高いですが、合格率は45%と大変高いので、インターネットのエキスパートとしての資格としてとるのによいかもしれません。このほかにもモバイル検定や、インターネット検定ドットコムマスターなどの資格があります。

資格なら→ 資格試験の裏技的!?勉強法ver3

資格の取れる学校


資格を専門に勉強し取得できる学校があります。その代表が大原です。学校法人大原学園とは、大原簿記学校を代表とする専門学校、大学院大学、幼稚園などを擁する学校法人である。設置校とグループ関連校をあわせて、札幌から沖縄までに61の学校が存在する。 一般には「資格の大原」と称して、資格取得に強いことをアピールしている。 また、「本気になったら大原」というコマーシャルが有名。本部は東京の水道橋にある。 主な設置校としては、以下である。
・大原簿記学校 ・大原法律専門学校 ・大原法律公務員専門学校・大原情報ビジネス専門学校・大原情報ビジネス専門学校・大原医療福祉専門学校・大原スポーツ公務員専門学校・大原大学院大学(会計大学院)・府中ひばり幼稚園

「資格の大原」と称しているだけに、その取得できる資格の種類は多彩。資格をとって就職したいと考えている高校・大学・短大卒業生を対象にした専門課程コースや、短期間で資格取得を目指す社会人・大学・短大生を対象にした社会人コースなど、様々な資格取得までのコースがあります。国の教育ローンや日本学生支援機構とも提携、また大原独自の奨学生制度、社会人講座の高校生対象割引制度、在学生割引、卒業生割引、家族割引など、学生の支援体制も整っています。現在は資格の時代と言われます。専門の資格を取り就職に生かしましょう。



テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最新作「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万円をらくらく稼いだ方法  〜7DAYSプログラム〜」
Copyright (C) 2009 パソコン 資格 All Rights Reserved. プライバシーポリシー
<PR>国家資格 高齢者就職 転職フェア アルバイト求人 ハーバライフ タイムイズマネー 英語学習 投資日記 ロバートキヨサキ氏の教え